So-net無料ブログ作成

坂本龍馬が行く

NHKで放送されていた「龍馬伝」。
坂本龍馬好きの私は第一回放送分を録画してあったのですが、10分ほど観てやめました。
ある日、うちの指導員のA君が、
「僕、歴史が大好きなんです。龍馬伝も毎週欠かさず観ています」
とおっしゃる。
これもすべてNHKが悪い。
そもそも大河ドラマに「この物語はフィクションです」と出てこないのも悪い(うろ覚えなので、出ていたらごめんなさい)。
だいたい龍馬と岩崎弥太郎とはまったく接点が無かったんですね。
幼なじみなんてのもウソです。
二人が初めて出会うのは、海援隊を作った龍馬が脱藩の罪を許され、土佐藩が海援隊を外郭団体として認めた時とされています。
幼なじみどころか、龍馬暗殺の数年前に二人は初めて出会っているのです。
弥太郎は会計に関する能力に長けており、土佐藩の貿易を担当していました。
その関係で藩の命令を受け、当時、武器輸入などを行っていた海援隊の会計士となりました。
龍馬との関係はそれからとなります。
テレビの影響とは恐ろしいものです。
恐らく「龍馬伝」を観た多くの人が龍馬と弥太郎は幼なじみだと思っていることでしょう。
こういう歴史の事実を歪め、それがいかにも本当であるかの様に演出するテレビドラマを私は好きになれません。
nice!(0) 

nice! 0

一般部頑張るアドバンスクラス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます